福岡県糸島市波多江の眼科 はたえ眼科

糸島市波多江の眼科 はたえ眼科

〒819-1104
福岡県糸島市波多江266-1
TEL 092-332-9520

rss

トップページ»  スタッフコラム

はたえ眼科スタッフコラム

************************************

 
まつ毛のシャンプーを
       ご存知ですか?

髪は毎日シャンプーをしているのに、
まつ毛は洗わなくていいの?
目の周り、まつ毛の根本も、意外に汚れている
のを知っていますか?


『目がゴロゴロする』『かゆい』
『かすむ』『ものもらい』…
もしかしたら目元の汚れが原因
かもしれません。

当院では、そういった症状の原因を
改善するお手伝いができればと

アイシャンプープロの取り扱いを始めました。

商品のポイント


眼科のドクターと開発している
②低刺激で目に入ってもしみにくい
うるおい成分配合(ヒアルロン酸・甘草エキス)で気になる目元のケアも

実際に当院スタッフも使用しています!
ものもらいを頻繁に起こしていたスタッフも
アイシャンプーを使用してからものもらいが
できにくくなったと言っていました。

私も実際に使用してみました。
まずクレンジング・洗顔を行い最後に
アイシャンプーをします。
テクスチャーは、リキッドのクレンジング剤
のようで泡立ちはありません。
濡れた手でも使用可能です。
洗いあがりは、サッパリしていて
洗顔だけの時よりスッキリしました。
少し手間はかかりますがサッパリするのは
気持ちがいいです(*^▽^*)
洗浄中は目を開けないように注意してくださいね!


花粉症をお持ちの方等は
使用されてみてもいいかもしれませんね!
当院ではアイシャンプープロ
1本60ml
¥1,320
でお取り扱いしています!

お気軽にスタッフまでお尋ねください(*^^*)!


 

***********************************************

サプリメントに興味はありますか?


現在ではたくさんの種類のサプリメントがあり、
健康維持に取り入れる方が増えています。

当院でも目に特化したサプリメントを7種類取り扱っています。
お子様に特化したものもありますので少しご紹介したいと思います。


オプティエイドML(わかもと製薬):機能性表示食品  ¥3,500-
  網膜の黄斑色素量を維持し色の濃淡を判別する視機能を改善します。
 ルテイン、 ゼアキサンチン、 ビタミン C 、ビタミンE、亜鉛、 銅等が含まれています。


   
 
オプティエイドGL(わかもと製薬):栄養機能食品  ¥3,500-
 抗酸化物質を補うサプリメントです。
 ヘスペリジン、クロセチン、インディアンデーツ、ビタミンC等が含まれています。


   

オプティエイドDE(わかもと製薬):栄養機能食品  ¥3,300- 
  涙に着目したサプリメントです。
  わかもと製薬オリジナルの乳酸菌を始め、ラクトフェリン、EPA・DHA、ルテイン、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛が含まれています。


   

   ロートクリアビジョンジュニアEX(ロート製薬)   ¥3,240-
   クロセチン含有サプリメントです。
   勉強、スマホ、テレビにゲーム。現代の子どもたちはとっても忙しい。小学生のからだはまだ発達途中。
   この時期の健康を守ることはとても重要です。未来を担う子どもたちの健康を守りたい!
   クリアで元気な毎日を応援したい!そんな想いから生まれたサプリメントです。

   

サンテグラジェノックス(参天製薬):栄養補助食品   ¥4,970-
  目などの健康を保つ栄養成分である松樹皮エキス・ビルベリーエキスをバランスよく配合したサプリメントです。


    サンテ クラジェノックス

サンテルタックス(参天製薬):機能性表示食品 ¥4,970-
  光刺激から目を保護し、コントラストのぼやけやかすみを改善。
  ルテイン、亜鉛、銅、ビタミンC、ビタミンE等が含まれています。


   ソース画像を表示

サンテウェルビジョン(参天製薬):栄養補助食品  ¥4,970-
  目などのエイジングに着目して開発したサプリメントです。
  たっぷりのルテインとヒシ果皮ポリフェノールを配合しています。


     ビジュアル検索クエリイメージ

ルテイン・・・加齢により減少する網膜の黄斑色素量を維持し、コントラスト感度(色の濃淡を判別する視機能)を
        改善することが報告されています。
ビタミンC・・・皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。
ビタミンE・・・抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。
クロセチン・・・強い抗酸化力を持ちます。. 眼精疲労を改善したり、疲れ目からくる肩こりや血流の改善に
         効果的な成分です。. また、睡眠障害を改善する効果・効能もあるとして、研究が進められています。

なかなか食事だけで摂取するのが難しかったりするので、
当院スタッフも数名健康維持の為に当院のサプリメントを飲んでいます。
のついている商品に関しては、お試しも置いております。ぜひお試し下さい。

またお子様向けのロートクリアビジョンジュニアEXは、市販では販売していないものになります。

「いまいちどれがいいのかわからない」「自分の場合どれがいいのかな?」
など、サプリメントのご相談もお気軽にお声かけ下さい!

健康維持をしていくうえで、サプリメントを上手に活用していけるといいかもしれませんね



✿✿キャンペーンのお知らせ✿✿
   サンテ ウェルビジョン

2個購入で1個プレゼントキャンペーン
 2021年7月1日~8月31日(1世帯1回に限り)

♦6個購入で1個プレゼントキャンペーン
 2021年7月1日~2023年3月31日(期間中何度でも応募可)

ご購入時に専用のハガキと応募シールをお渡しいたします。
お得なキャンペーンになっています!お見逃しなく



 

**********************************************


お子さん近視抑制治療について気になったことはありますか?


最近では、スマホ、ゲーム、パソコン、テレビ、読書や勉強など近距離で見ることが増えてきています。
これらは生活をするうえで切っても切り離せないものです。


  スマートフォン・スマホのイラスト携帯ゲーム機のイラスト並んだ本のイラスト液晶テレビのイラスト

子どもの近視化は、世界的にも問題としており近視抑制のための治療法もいくつかあります。
現在近視抑制現時点で有効性と安全性が十分なデータによって示されている治療法は限られています。
有効性・安全性が示されている4つの治療についてご紹介したいと思います。

 
①低濃度アトロピン点眼による予防  ★当院で出来ます★
世界的に最も広く行われている治療です。
アトロピン点眼は、毛様体筋の調節を麻痺させて、瞳を大きく広げる効果がある目薬で、小児の斜視や弱視の診断や治療に頻繁に使われているものです。 アトロピン点眼には近視進行を抑制する強力な効果があることが判っています。 低濃度アトロピン点眼は濃度が低いため副作用がほとんどありません。 1日1回夜寝る前に点眼するだけでよく、手間もそれほどかかりません。しかし人によって効果が異なり、あまり反応しない子どももいます。

 
                    マイオピン に対する画像結果
 
②オルソケラトロジーによる予防
オルソケラトロジーは、カーブの弱いハードコンタクトレンズを睡眠時に装着して一時的に角膜の形状を平らにし、焦点を後方にずらすことで眼鏡やコンタクトなしで、良好な裸眼視力を得ようとする屈折矯正法です。 レンズを外しても一定時間はその形状が続くので、日中は裸眼で過ごすといったことが可能になります。しかし圧迫できる角膜の上皮には限界があります。 レーシックと異なり手術を伴わないので心理的・身体的に負担が少なく、いつでも治療を中断することができます。 また夜間に大人の管理のもとで装用できることから、年齢の低い子どもで、確実な近視進行抑制効果を得たい場合に選択されることが多くあります。 欠点としては、自由診療のため、初期に費用がかさむこと、ハードコンタクトの装用に抵抗がある場合は、装用が困難なことがあげられます。 また使い捨てのレンズではなく、角膜を圧迫することから、適切な処方や管理を怠ると角膜感染症など失明につながる重篤な合併症を起こすこともあります。 常に大人の管理の元で、ガイドラインを遵守して使用することとなっています。


        ソース画像を表示
 
③多焦点ソフトコンタクトレンズによる予防
多焦点ソフトコンタクトレンズは、一般的に遠用の球面度数に近用の加入度数が付加された老視矯正のための遠近両用コンタクトレンズとして知られております。オルソケラトロジーと比べて負担が少なく、刺激が少ないため装用しやすいこと、また、使い捨てコンタクトに代表されるように、衛生面での管理が比較的容易なことから、国によっては、子どもの近視進行抑制のために使用される頻度は、低濃度アトロピン点眼やオルソケラトロジーを凌いでおります。 しかし日中に装用するため、ゴミが入った時などに、自分で取り外すといった自己管理が可能な年齢になるまでは、使用できないため、比較的年齢が高い小児が対象となります。

                        ソース画像を表示
 
④特殊な眼鏡による予防
海外では、周辺部の網膜に網膜の手前でピントが合う光をたくさん作用させたり、周辺部の網膜のコントラストを下げることで、近視進行を抑制しようとする眼鏡が販売されております。眼鏡による治療であればより小さな子供でも簡単に可能であり、さらにコンタクトレンズや薬物療法と比較して、副作用がほとんど、またはまったくありません。 しかし日本でこれらの新しい眼鏡を使用できるようになるには治験を行う必要があるため、現時点では使用できません。 


                         眼鏡をかけた男性のイラスト(丸メガネ)

以上のように子どもの近視の進行に対していくつかありますが、現在の日本ではできないものもありますし、
これらの治療は全て保険適用外になるので
自費診療です。
当院では①の低濃度アトロピンを用いた近視抑制治療を行っています。

定期的な受診が必要にはなりますが、当院にお越しの患者さんは続けられています。
この低濃度アトロピンを用いた近視抑制治療と併用して、前回ご紹介したサプリメントのロートクリアビジョンジュニアEXを飲まれている方もいらっしゃいます。


                  
『適応かどうか知りたいけどどうしたらいいの?』 『もう少し詳しく話を聞きたい…』

                 心配する人と吹き出しのイラスト(女性)                                  

お越しいただければ、詳しくご説明や適応かどうかの検査も致します。
また、当院ホームページ内に近視抑制治療についてのページもあります!

近視抑制治療 (hatae-ganka.jp) ←こちらからもいけます

初回の開始時は必ず予約を取り、きちんと時間を取らせていただく為、来院されたその日から開始することはありません。
お気軽にお問い合わせください